« 07 CCTV 中国中央電視台 | トップページ | 09 天津の繁華街 »

08 子供と教育

中国の新聞記事で、学校に面白みを感じない子供が増えている、とレポートされていた。小中学生だけでなく大学生までもがそのような傾向にあるという。

新聞が分析する原因は、中国の世の中が競争世界になってきたため。親や先生からの期待に対するプレッシャーが大きいから、と述べられていた。日本や韓国も経済の急激な発展期に受験戦争いう子供に大きな期待がかかる時期があった、中国も同じようだ。

ただ、中国特有のものもある。
2つ述べてみたい。

まず1つ目は小皇帝問題。
それは70年台後半から始まった一人っ子政策の影響。小皇帝と呼ばれ我儘放題に育った子供が今や20歳台に達したものもいる。つまり就学児童のほとんどが小皇帝世代であるということ。
彼らは楽しくなければ勉強しないのだろう。楽しい「体育」は人気があるというのも理解できる。
そんな我儘な輩が多いと、青少年の不良化についても中国(特に沿海都市部)は日本の比ではなく多数かつ悪質になるような気がする。天津でも深夜、派手な高級車を乗り回す怪しげな若者を見ることがある。

都市部の住宅は、従来の団地や胡洞といった地域住民間でコミュニケーションが取れるような形式のものから、隣とのかかわりをもたないタイプに変化してきているようだ。そのような住環境は、ドロップアウトした小皇帝達の犯罪の温床になる。

猟奇犯罪も増える。去年、上海近郊でホモの男がネットカフェで誘った少年達を自宅に連れ込み「知能木馬」と名付けた自作の器具を使って嬲り殺すという事件もあった。
犯罪も市場主義というか資本主義社会化している。

2つ目は科学への興味。
子供に最も人気の教科は体育だが、私の個人的な感覚では理系に人気がなくなってきた日本に比べて中国では「科学」への興味、尊敬が強い。
書店でも、テレビ番組でも科学系の情報がよく飛び交っている。
これから衰退する国と、これから伸びる国の違いを表しているようで興味深い。

|

« 07 CCTV 中国中央電視台 | トップページ | 09 天津の繁華街 »

コメント

「一人っ子の過保護」により自立できずドロップアウトして
いく若者がいるのは事実だろう。しかし、若年層の不良化、
犯罪の悪質化は、「一人っ子の過保護」以外に根本的な問題
があると思う。我々は子供らに、人としてあるべき姿や、
いわゆる道徳を、教育できているのだろうか。子供らを
語る前に、我々「親世代」が道徳を認識できているのか。
子は親を見て育つ。
”人殺しはいけません。”をキチンと理由づけて子供へ説明
できますか?
「物質文明対応の教育」過多で、「精神教育」が
なおざりにされてきたツケがでている結果だと思う。
我々の世代の多くは、”人殺しはいけません。”を説明する
裏づけ/指針/物差し を持ってないと思われる。
では、何を物差しに道徳教育を行うか。一時代前までは、
中国・朝鮮・日本では儒教がその役目を担っていた。
戦後、宗教の自由が叫ばれ、神仏の影が薄くなった。
礼節を重んじる儒教は、神仏と重なり、かっこ悪いもの、
面倒くさいもの、ダサイもの、として人々から敬遠された。
一時代前(ほんの30~40年前)までは駅前でハンバーガー
を買って、歩きながら食べるなどということはなかった。

スポーツマンシップとやらも、神に宣誓しながら、勝つ為には
薬付けでなんでもありである。
物質文明下では、礼節は存在しない。
物質文明下では、銃は必需品である。

宗教の自由は多いに結構なことであるが、無信心な人々が多く
なってしまった。

人は「自堕落」と「引き締め」を繰り返すものでしょう。
ソドムの反省からの戒律。
農耕発達による急激な人口増の無秩序と乱への統制としての道・儒。

今必要なのは、まづ、
子供を指導する世代、先生となる世代、つまり我々の世代への
道徳教育なのではないでしょうか。

投稿: 小野 晃嗣 | 2004.09.01 13:19

> 物質文明対応の教育
なんとなく美国人の戦略通りに事が進んでいるのが気に入りませんが。まー、諸行無常が世の常なればこその変化。暖かく見守りましょうぞ。人類滅亡しても地球は困らないわけで。

投稿: kjy | 2004.09.01 14:17

>小皇帝と呼ばれ我儘放題に育った子供
耳が痛い痛いっ。
この歳になって、改めて私って悪魔だと思ったのでした。
社会人になってから、人との生活のギャップを痛感しております。
(いい意味でね)

投稿: kaocy178 | 2004.09.15 13:48

>小皇帝と呼ばれ我儘放題に育った子供
>が今や20歳台に達したものもいる。
   ~~~~~~~~
ほっほ~、kaocy178さんは20台前半なのね
\(◎∠◎)/オウ~ビックリデース

投稿: kji | 2004.09.15 16:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50154/1315444

この記事へのトラックバック一覧です: 08 子供と教育:

« 07 CCTV 中国中央電視台 | トップページ | 09 天津の繁華街 »