« 13 中国人の経済状況 | トップページ | 15 天津の治安 »

14 ファッション(時尚)

市街商業地域、郊外の高級住宅地のファッションは日本と同じ。

商業スペースとしては繁華街、デパート、ショッピングモール、ハイパーマートなどがありその中のブティックには有名ブランド店がいくつも入居している。

街行く女性のファッションも特に若い人たちは日本と変わらない。ブティックの店員は日本同様に呼び込みもするが語尾を伸ばすことはしない。(いらっしゃいませ~~~ぇ↑、とか 109のようには言わない。)
ブラント品に混じって、あきらかなパクリブランドがいくつもある。特にナイキもどきのトレードマークをつけた靴、スポーツブランドが多い。
写真は成都で見つけたユニクロそっくり店。

ユニクロ似の店

日本人が思い描く(描いていた?)人民服姿はどこにもない。チャイナドレスの女性はレストランの入口には居るが街中を歩いてはいない。

郊外の古い住宅地、農業地帯のファッションというか衣類は、人民服ではないものの昔っぽいズボン姿が多い。日本人の感覚から見るとかなり汚れて見える。外見で人を判断できないが、かなり疲れている、または希望がない人が多いように感じた。
市街商業地域と、農業地帯では貧富の差が顕著に見られる。

音楽について言えば、若者は日本人と同じく西洋音楽にかぶれている。C-POP (China POP)
というジャンルも J-POPのノリ。C-POP には日本の楽曲も多い。(花、未来へ、など)
女子十二楽坊も人気ある。最近出たCMO は伸びるのか? CMOは男子三楽坊的なユニットでYMOの曲などを中国古典楽器でカバーしているが、二番煎じやな。

|

« 13 中国人の経済状況 | トップページ | 15 天津の治安 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50154/1433821

この記事へのトラックバック一覧です: 14 ファッション(時尚):

« 13 中国人の経済状況 | トップページ | 15 天津の治安 »