« 15 天津の治安 | トップページ | 17 衣食住+行 »

16 共産主義はどこへ行った?

郊外の工場には「学習、創新、抗争、自強」などといったスローガンが掲げられ門には警備の兵卒が立ち、中には毛沢東や鄧小平の巨大な看板。イメージ通りの中国がある。

だが、中国の街中には、欧米の資本が溢れている。特に米国資本。

最近目にしたものだけでも、不動産仲介の Century21、マルチモドキの Amway、貨物宅配 UPS。スーパーの Wal Mart 、米国ではないが カルフール。衣料品化粧品のブランドも多い。そして街中にやたらたくさんあるマック、ケンチキ。
マックとケンチキ

そういえば、天津、北京にはスタバも結構多い。なんと、故宮(紫禁城)の中にまである。故宮は結構聖地っぽく思っていただけにショック。いいのか?
溥儀もびっくり紫禁城にスタバ!

100年前、欧米列強に食い物にされていた構図と、今の状態はなんとなく似てないか?いいのか中国人民?もちろん、中国で企業を起こすには必ず「中国との合弁企業」にしなければならないという歯止めはできているものの、なんとなくイヤな感じ。人民の心も「拝金」に傾いているような気がするし、街中の看板も白人モデルが目立つ。日本人も含め、モンゴロイドはコーカサイドに劣等感があるのか?

中国は中国であってほしい。

|

« 15 天津の治安 | トップページ | 17 衣食住+行 »

コメント

以前南開大学の中国人学生の友人に会話の成り行きで「中国は社会主義じゃないの?」と聞いたら、「おまえ何時の時代の話してんだよ」と逆に笑われました。

80年代生まれの、しかも長江以南の出身の彼には中国は資本主義国なんだな~と思いました。

投稿: rakuda | 2004.09.17 00:53

>人民の心も「拝金」に傾いているような気がするし~
実際に海外旅行先で出会う中国からの旅行者の方々は
ものスゴィ「拝金」主義の方が多いですね。
それで喧嘩したのは、私です!

投稿: kaochy178 | 2004.09.17 10:49

rakudaさん、kaochy178さんコメントありがとうございます。
rakudaさん、天津新参者のBLOGですがよろしくお願いします。

投稿: kjy | 2004.09.17 13:59

自己レス
2007年7月ついに故宮のスタバ撤退。
2007年1月あたりから盛り上がった「故宮にスタバあっていいの?」的なネット上のレスに対して、故宮側が動いた模様。
故宮内のサ店は「故宮ブランド」のみ許可となったため「スタバブランド」営業できず。
私的には賛成。

投稿: kjy | 2007.07.14 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50154/1450395

この記事へのトラックバック一覧です: 16 共産主義はどこへ行った?:

« 15 天津の治安 | トップページ | 17 衣食住+行 »